水島尚美のブログ

シンプルライフとアイドルソングが好きなイラストレーターの日々

肌断食から1年経って

最近活発に行動するようになり、心身ともに美しくありたいと思い立ち食事を見直しました。少食をこころがけて、野菜を摂るようにしています。

そして浜内千波さんの「朝に効くスープ夜に効くスープ」に載っている昔何度も作ったことがあってお気に入りのキャベツ・にんじん・たまねぎ・しめじを2㎝角に切って煮込んだ作り置きスープをまた始めました。

一度に大量に作って小分けして、毎日この作り置きに魚や肉やみそなど好きな具材を入れて味を変えて楽しむので飽きなくて本当に美味しいから好きなんです。

特に好きなのは鮭とレモンと味噌を入れたスープなのですが、鮭がなかったのでウインナー1本と卵を入れてみました。これもおいしかった。 

あと、家にあるエクササイズDVDを引っ張り出して7分でできるダンスを今日から始めました。体や肌がどう変わったかとか報告していきますね。

ちなみに肌断食をはじめて1年ほどになります。

朝は水で洗うだけ、夜は石鹸で洗ったあと何もつけないかもしくは白色ワセリンを付ける。メイクはクレンジングは使わず石鹸かワセリンか食用オイルで落とす、というものです。夏に従妹からオーガニック化粧水と美容オイルをもらったのでそれを時々使っている以外は本当にこんな感じで1年たちました。

それでどうなったかというと・・・正直1年前と何も変わりません(笑)でもこれは多分いい事だと思います。何もつけなくても、つけていたときと変わりません。クレンジングなしで毛穴の詰まりを感じたこともありません。(もちろんファンデを薄づきのものなどにはしています)あと一言言えるのは、肌が強くなっているということは感じます。1年前、肌断食を始めた当初の1週間は顔がガッサガサになって角栓ボロボロでほんとうに化粧水を塗りたくてしょうがなくて辛かったのですが、今はそんなことはまったくないです。この1年1度も化粧水や乳液を買っていないので経済的でもあります。ムリもしていないのでこれからも続けて行こうと思います。

朝に効くスープ 夜に効くスープ

朝に効くスープ 夜に効くスープ

 

f:id:naomie:20171021002718j:plain

月に2回は会っている友達と水島家でCG勉強会をしました。

といっても友達が色々アドバイスしてくれたのを実践した形なんですけど、こういうことをまじめにやると学生時代に戻ったみたいで楽しいし新鮮な気持ちになります。

この絵はその日の成果です。

f:id:naomie:20171021002727j:plain

友達が色々アドバイスをしてくれて、全身ポーズを毎日描くようにしています。ありがたい。

f:id:naomie:20171021002738j:plain

さて、明日22日は福津市のバンコ市というお祭りでスクエア型の似顔絵を描いてきます!中学生のお客さんが多いとうわさなので珍しいお客さん層が楽しみです。もしかしてLINELIVE放送をするかもしれません!

 

お知らせ

LINELIVEはじめました!パソコンからも見れますのでお茶片手に気軽に見に来て下さい!

live.line.me

ツイッターとインスタグラムにリアルタイムにイラスト投稿しています。

ぜひフォローおねがいします

twitter.com

www.instagram.com

 

カフェで仕事ができなかった

フリーになる前に憧れていたことといえば平日の昼間からカフェやファミレスで仕事や打ち合わせをすることでした。
コーヒー片手にMacbookをカタカタ打っている人を見たらわくわくして自分もそんなふうにノマドに仕事ができたら素敵~と憧れていたんです。
そしてフリーになり数年、何度もその機会はおとずれました。しかし実際はご飯を食べたら20分から30分適当にペンを動かして退散ということがほとんど。とにかく集中力がなくて手帳やノートを広げてこれからこんなことがしたい、という夢や目標を書くことにもやってみましたがあんまりはかどらなくて、もうなかば性分だと諦めてました。
 
ですが、今日やっと自分にあったカフェでの仕事がわかりました。
それはブログを打つ、ツイッターを投稿する、です。
いやめちゃめちゃ当たり前なことじゃん?!といったかんじですが
でも自分はカフェで仕事ができない人間だと思い込んでいたので作業がスルスルはかどるというだけでただただ感動しています(笑)
言ってみれば電車の中や移動中にできることなんですけど
SNSで発信することは立派なクリエイトだし「カフェでやる仕事」はこんなことでも良いのかと腑に落ちたのが良かったです。
 
patternatorというアプリで壁紙つくってみました。
ロック画面ホーム画面LINE背景などお好きなところに使って下さい!

f:id:naomie:20171014160938p:plain

 こちらは話題になっていたPORTRAというアプリを使って加工してみました。アナログ風になるのが特徴と思うのですが私の場合もうアナログなのであんまり変わらない?けど淡い色がきらきらきれいですね~

f:id:naomie:20171014160957j:plain

大好きな友達の焼き菓子のお店「NiCOTTO BAKE(ニコットベイク)」に行ってきました。

ほんとうにどれもおいしい。そして友達の人柄が良いので元気になるお店です。

f:id:naomie:20171014161012j:plain

 

お知らせ

LINELIVEはじめました!

できれば毎日、絵の配信をしますのでチャンネル登録お願いします!

ただ毎回色塗るだけではなく色々チャレンジしたいと思っています。

パソコンからも見れますのでお茶片手に気軽に見に来て下さい!

live.line.me f:id:naomie:20171014152759p:plain

ちなみに、描いて欲しいもののリクエストはこちらから。どなたでも1タップで送ることができます(^^)

LINELIVEリクエストボックス

 
************************************
ツイッターとインスタグラムにリアルタイムにイラスト投稿しています。

ぜひフォローおねがいします!

twitter.com

www.instagram.com

 

生誕祭のにがおえ

アイドルさんの生誕祭用のにがおえ(A4サイズ)をご依頼いただきました。どうもありがとうございました!そしておめでとうございます!

f:id:naomie:20170911233526j:plain

アイドル似顔絵のページがあたらしくなりました

記念日

何度かイムズで似顔絵をかかせていただいたお客様に、ご両親の記念日に贈られるという似顔絵のご注文をいただきました。素敵な機会にわたしの似顔絵を選んでいただきとてもうれしいです。ありがとうございました! 

f:id:naomie:20170909154951j:plain

アイドル似顔絵のページがあたらしくなりました

エッセイはこころのうち

芸能人のエッセイ本が好きです。


華やかな世界の人も同じように考えたり悩んでいるんだなと共感できるしその人のことが好きになることも嬉しい。
大学生の頃はとくに爆笑問題の太田さんの本が大好きで、ちょうどブックオフでバイトしていたのでお店に並んでいるものはかたっぱしから集めて読んでいました。

なかでも「爆笑問題 太田光自伝」は一人も友達がいなかった高校時代の話(修学旅行の時に10冊以上小説を持ち込んで読破したとか)や変人ウーチャカこと田中さんとのコンビ結成、小さな劇場でライブをしたかけだしのころの話など興味深くて20代前半の自分は妙に共感をしていました。

 

数年前に読んで好きだったのはオードリーの若林正恭さんの

「社会人大学人見知り学部 卒業見込」です。

「ネガティブを潰すのはポジティブではない。没頭だ」
など若林さんの本音と名言がたくさん散りばめられていて、とくに最後の春日さんについてかかれた部分、オードリーがまだ売れていなかった20代後半の時、若林さんが春日さんに
「28にもなってお互い風呂なしアパートに住んで恥ずかしくないのか?」と問い詰めると春日さんはしばらく沈黙して、3日後に「どうしても幸せなんですけど、
やっぱり不幸じゃないと努力ってできないんですかね?」と真剣に言ってきたそうで
その大物っぷり、動じなさがすごくて、影響されました。

そしてそんな春日さんについて若林さんが最後
「春日は面白いことを言える人間じゃないと思う。でも凄く面白い人間だとおもう。自分に自信があって。特別自己顕示するために自分を大きく見せる必要のないマトモな男だと思う。ぼくは春日に憧れている。」
と締めているのがまたぐっときます。

 

そして先日若林さんの新刊

「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」を読みました。
突如キューバに1人旅した彼の旅行記で、現地のガイドさんが人見知りだったり、ホテルのドリンクが美味しかったり、一人でバスに乗って遠くの海に行ったりと若林さんの旅の様子が鮮やかに描かれていて臨場感を楽しめるのですが、じつはキューバに行ったのにはある理由があって最後はとても泣けるしあたたかな気持ちになります。

 

雑誌ダ・ヴィンチにこの本の刊行記念特集が組まれていてそのインタビューも興味深かったです。キューバに行ったのは3泊5日で現地にwifiがなかったからネットを見ていなくて日本に帰国したら5日前にやっていた女優のゴシップニュースをまだやっていて、なんて閉鎖的なんだと思ったとか東京は異常だと再確認したこと・・・ここで断片的にいうとニュアンスが変わってしまうかもしれないですが今まで東京に対して「これはおかしいんじゃないか?」とうっすら思っていたけどやっぱり異常なんだなと再確認することができてよかったということが書かれていて(覚書なので100%信じないでください)やっぱり彼はふつうの感覚のよいひとだなって私は思いました。
人の心の内を知れるのは楽しい。

 

エッセイは自分と違う胸の内を知れてそれに共感したりそれでなにか少し気付く事があったり変わったりすることができる気軽ですてきな読み物だと思います。
そう思ったことが最近ブログを続けているきっかけかもしれません。

情報も、思いも、作品も、自分の場所で止めないで、循環したいとよく考えます。

f:id:naomie:20170909161523j:plain

すこしまえにご注文いただいた生誕祭用のアイドル似顔絵です。

ありがとうございました!

アイドル似顔絵のページがあたらしくなりました

よろしくおねがいします

手紙

関東に住む友人からはがきが届きました。

何か用事があるというわけではなく、近況がざっくりとつづられた手描きのメッセージがとても嬉しくてすぐに返事を書きました。手紙ってあたたかくてエネルギーをもらえるから、あげるのももらうのも大好きです。

 

私が手紙を書くときに心掛けていることは、最近仕入れたちょっとした知恵をいれることと、ある一文を書くかどうか迷ったとき、この一文でもしかして相手をよろこばせたり何かが変わるきっかけになるかもしれないと思って勢いに任せて書き入れることです。

作品に感動したときに作家さんにファンレターを送ることも結構あります。

自分も経験があるからとてもわかるのですが感想ってめちゃくちゃモチベーションがあがるんですよね。

昨日のブログにも掲載しましたがお客さんからの手紙ひとつでほんとうにやる気が出ます。

 

こんなふうに手紙がとても好きなので、レターセットやシールやメッセージカードなど手紙を描くためのツールを作るか、何か手紙のような媒体を作りたいと真剣に考えています。

まずはカレンダーから紙モノのグッズを展開していくつもりですのであたたかく見守ってください。

かしこ